株式会社 ローレル
  ローレルサーチ
  会社概要 お問い合わせ サイトマップ
トップ ようこそ 業務案内 カーテン 手織絨毯 かがやきさん インテリア豆知識
 
手織絨毯 絨毯の織り方

手織絨毯 歴史 織り方 色彩 工程 手織絨毯の総合展 織里遠都展

各地方の特徴ある織りの種類

ペルシア絨毯は、経て糸に、パイル糸と呼ばれる色糸をひと目ずつ織り出し、紋様は色糸の先をナイフを使って立毛させることによって創られます。
この手結びの方法は2種類に大別され、織り上がった絨毯を見れば、織り手がどの系列民族かがわかります。イラン系の人々が使う織り方は、ペルシア結び、セーナ結びとも呼ばれます。そして、トルコ、コーカサス地方の人々が使うのは、トルコ結び。 トルコ絨毯の主産地ギヨルデースの名をとって、ギヨルデース結びとも呼ばれます。 結び方ひとつにも、民族の伝統が守られ続けているわけです。

 

トルコ結び(ギョルデース結び)

ペルシア結び(セーナ結び)


タフト・パフテ
(シングルウェット)
 
タフト・パフテ
(シングルウェット)
 
ニム・ルーム・パフテ
(ダブルウェット)
 
ニム・ルーム・パフテ
(ダブルウェット)
     
トルコの他にコーカサス及びトルキスタン地方でも用いられる織り方。左右対称的な結び方となるため、パイル糸のカット面は2本とも経糸の中央から出されます。   2本の経糸ごとにパイル糸をS字型に結び付けていく織り方。一本の経糸にのみパイル糸を結びつけるため、左右どちらかがオープンとなります。   一本毎に段違いとなっている経糸を左右左右対称的に結び付けていく織り方。ペルシア結びの場合と同じく、織り目をより締めるために、固く織り込まれています。   一本毎に段違いとなっている経糸をS字型に結び付けていく織り方。できあがった後で、経糸の段差をなくし、織り目をより締め付けるために、細い糸があらかじめ織り込まれています。


タフト・パフテ
(シングルウェット)
 
ニム・ルーム・パフテ
(ダブルウェット)
 
ジュフチ・ノット
 
ジュフチ・ノット
     
一本毎に段違いとなっている経糸を左右左右対称的に結び付けていく織り方。ペルシア結びの場合と同じく、織り目をより締めるために、固く織り込まれています。   一本毎に段違いとなっている経糸をS字型に結び付けていく織り方。できあがった後で、経糸の段差をなくし、織り目をより締め付けるために、細い糸があらかじめ織り込まれています。   複数の経糸のまわりを左右対称に結ぶ織り方。パイル糸の密度は低くなるため強度は弱くなります。しかし作業時間の短縮や、経費を下げるためにしばしば用いられる方法です。   2〜3本、あるいはそれ以上の本数の経糸に対してパイル糸をS字型に結びつける織り方。したがって織目が緻密にはなりにくくなりますが、作業時間は短縮できます。

 

スペイン結び(シングル経糸結び)

チベット結び


母から娘、そして孫へ、織継がれる絨毯
産地や素材など様々な要因によって変わってくるものの、絨毯は一般的に結び目が小さく、目が詰まっている方が高級とされています。
織工の家に生まれた子供達は、10歳前後から母親に習って織り始めますが、一人前の織工となるには早くても1年、通常2〜3年が必要。彼女達は、精密な方眼紙に下絵として描かれたデザインをもとに、大きなものになると数年という気の遠くなるような時間をかけて、一本一本の糸を結び、じっくりと丁寧に織り上げていくのです。

遊牧民族の生活形態の違いから生み出された二つの織機
移動生活に適した水平織機
移動を繰り返す遊牧民族によって使用されている織機。経糸を張った横材を支える柱の代わりに地面に木片を打ち込んで固定し、縦糸は三脚状に組まれた棒からつるされます。組み立てが簡単で、移動の時もラクダの背や車の荷台に載せられますが、大きな絨毯を作るのには適さないため、作られる絨毯のサイズは、一辺の長さが最大でも120cm程度までとなっています。

定住した遊牧民が使う垂直織機
一方、オアシスに定住した遊牧民族や、都市や村の織工によって使用されているのが垂直織機です。上下2本の横木の長さに合わせて、両側に立てる柱を固定するため、移動生活には適さないものの、横木の長さを調整することで、幅広いおおきな絨毯を織ることが可能です。しかし、水平織機も垂直織機もその構造原理は極めて簡単で、現代のものも古代エジプトで使用されていた最古の織機の形式と、ほとんど変わらないと言われています。


ページトップへ

 
Copyright(C) LAUREL ALL Rights Reserved.